中医学ってなんだろ?

正和堂はりきゅう治療院のみんなのおしゃべり

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正和堂夏ツアー

今年の7月も、買い出しツアーに行って参りました。
昨年は北京⇔天津の2泊3日でしたが、
今年は上海→蘇州→天津→北京を4泊5日で移動しました。


蘇州→天津の約900キロ(直線距離、日本だと東京→鹿児島くらいでしょうか)を移動する際、
高速列車を使うことに・・・
IMG_0270.jpg
IMG_0271.jpg外も中も広い、蘇州北駅。
IMG_0272.jpg心惹かれるおもちゃたち@駅のコンビニ

ビビりながらも無事約4時間半で到着!
一昨年夜行列車で蘇州から天津へ行ったときは、夜7時に乗って朝8時に着くという13時間の列車の旅だったので、本当にあっという間の初体験でした。
IMG_0289.jpgシャープな顔立ちです
IMG_0273.jpg日本とあんまり変わらない?
IMG_0274.jpgザ・中国!特等座①
IMG_0275.jpg特等座②
IMG_0277.jpg車窓から
IMG_0276.jpg女子旅のお供たち

天津に着いたものの、駅から街までが遠く、バスを乗り継ぎ向かいます。
乗り換えが分からずにいたら、周りのおばさんやお兄さんが助けてくれました。
おかげで無事街中に。
IMG_0278.jpg楽しい2階立てバス

IMG_0279.jpg教会(西開天主教堂)が見えます


北京での夕食は昨年と同じ、インゲンのお店に行きました。
ものすごく店が混んでいて・・・何かと思えば
IMG_0285.jpgざりちゃん・・・
IMG_0284.jpg
みんなでどんどん平らげます。
小龍蝦(シャオロンシャー)と言って、5〜7月頃が旬なのだそう。
日本では高級食材として扱われるそうですが、
正和堂にはちょうど、ザリガニ好きな少年が来てるし・・・やめておきました
この辺り(簋街:キ街)は、
辛めの料理が深夜まで食べられるグルメ街として、有名なようです。

熱い辛いものを食べ、汗をかいて暑さを乗り越える、中国の夏。
冷たいビールに慣れ、ついつい体を冷やし過ぎてしまう今の日本には無い、
良い習慣だなぁと思いました。

それでは最後は涼しげに。
IMG_0281.jpg画期的?
IMG_0283.jpgスケルトン経穴人形です
*CommentList

治療院11周年

早いもので、本日、この治療院で治療をし始めて、
11年が経ちました。
元気にこの日を迎えられて、とても嬉しく思っています。

今日いらした患者さん方とのお話しの中で、
『20周年の時まで通えるように、元気でいたいわ!よろしくね!!』
という一言が、うちの母と同い年の方からありました。
ホントにうれしい激励の言葉と受け取りました。

一生勉強です。楽しい勉強がし続けられて、ホントに幸せです!
みなさんのお役に立てるように、よりいっそうがんばります!^^

今日の読売新聞の『編集手帳』

治療院で取っている、なのにいつも自分ではあんまり読まない新聞を、
今日は何となく広げていたらこんな言葉が。
思いがけなく、嬉しくなっちゃったので、ここにコピーします。

 ***********

5月22日 編集手帳
インタビューの名手といわれたコラムニスト、いまは亡き青木雨彦さん
はご婦人が相手でも、必ず年齢を尋ねた。年齢で人間を計ろうとしたの
ではないという◆〈そのひとの人生の句読点を知りたいのである。たと
えば、日本が戦争に敗けたとき、そのひとはいくつだったか…〉(ダイヤ
モンド社『冗談の作法』)◆終戦に限るまい。”人生の句読点”と呼べ
そうな出来事は誰にでもあるだろう。東京オリンピック、大阪万博、
何をおいても東日本大震災…きょうの「東京スカイツリー」開業もあるい
はそうなるかも知れない◆目標の高さ634メートルに到達したのは震災
の1週間後、昨年3月18日のことである。翌日の紙面では、「死者、
阪神大震災を超す」「福島第一原発で連日の放水」といった記事の陰に
小さく報じられている。僕が、私が、何歳の頃だったなーーーいまの
子供達がいつか大人になって句読点を振り返る日が来るだろう。
そのとき、活気に満ちて暮らしやすい世の中であればいい
◆遠くから眺めると、天上の鍼灸師が大きな手で地表に刺した
鍼のようでもある。傷つき疲れた国を癒す鍼のような。

第8回カトウ企画!

本年も、3月11日(日)~18日(日)の日程で、
私が留学していた天津中医薬大学第一附属医院に
9人の参加のみなさんと3人のスタッフに留学中の現地スタッフ1人の
合計13人での研修旅行となりました。

新年の恒例


ここ数年、新年の最初の診療のときに、
朝からがんばって着付けして着物で鍼します。
今年はこの黄色の紬の花柄で、
金曜日土曜日朝から晩まで鍼しまくりました!!

今年も一年、ガッツリ楽しく鍼しまくります!
よろしくお願いします!

あけましておめでとうございます

心もからだも健康で幸せなお正月をお迎えでしょうか
日本中が凄まじいことになってしまった3月のあのとき
7回目の私企画の研修で数人を連れての訪中で天津にいました
あの瞬間を体感しなかったことは帰国後しばらくの間
まるで浦島太郎のような気分でした
しかしそれがその後の自分にどう関与してくるのか
そのときには解りませんでしたが 診療時に振り返ってみると
私の周りでは心理的な変化からの体調不良の方々がとても多く
症状や人間関係などを観察するのにとても冷静でいられました
どんなときもどんな状況でも 自分がいかにより役に立てるかを
深く考えるさせられた事態でしたが 例年にもまして
心とからだの一体に 鍼灸の大いなる力を実感できました
それがもっともっと浸透していくべく
まだまだ普及啓蒙活動を続けるに値するなぁと
新年にあたり決意を新たにしております
自分一人では小さな力もその小さな力が大きくなるのに
お役に立てるような 材料提供やコンタクト役としてでもより効果的な
自分の活用法を模索しつつ力を付けていきたいと思います

みなさまには本年も心身共に元気で幸せな一年でありますように

北京・天津に行ってきました!

もう一ヶ月前のことになりますが、かつみ先生の使う鍼の買付にお供させて頂きました。
7月初め、日本は梅雨明け前、晴れて暑くてじめじめしていた頃です。
日本がこんなに暑いんだから、中国は大変なことになっているんじゃないか?!
2泊3日を大荷物で駆け回るのに、ばててられないぞ!
と、Tシャツ短パンで臨んだ女子2人・・・

全然大丈夫でした。最高気温30度以下
湿気が少ないから、過ごしやすい!
昨年6月に行ったときは、暑すぎてビール一杯でほろ酔いになったのに・・・笑


さて、かつみ先生が留学していた天津中医薬大学がある天津市は、温家宝首相の出身地であり、大きな大学や租界のある港町です。

はりきゅう道具屋さんのある大学病院近くは、
おっきなスーパー(家楽福/carrefour)があって、

P7060539.jpg

その横には下着の屋台が出ていて、
P7060535.jpg

おっちゃんたちが大きな交差点の脇でトランプを広げていたり。
朝はワンタン・小龍包や、粉ものの屋台が出ます。
カトウ企画で3月(寒い!)に来て、屋台の温かくておいしいご飯を食べると、
今日も1日がんばろ!!と思えるエネルギーが湧いてきます。

私が中国好きなのは、パンダや観光地だけでなく、
身近に感じるような中国の一面に出会えたからだなぁ。しみじみ感謝・・・

ご飯といえば大好きな料理があります!
北京ダックでも麻婆豆腐でもなく^^
・涼皮(リャンピー;米粉きし麺、冷たくて辛い、香草山盛りがおいしい)
・干扁四季豆(インゲン炒め)
食べかけで分からない?右奥が涼皮、真ん中いんげん
ビールがよく合います幸せ
先生は西紅柿鶏卵疱瘡湯(トマト卵すいとんスープ)をオーダー、私も大好きになりました!癒される味です
ここのお店は明るすぎず、立派すぎず、落ち着く~今見たらおっちゃん上半身裸だけど。
P7070551.jpg

中国では胃腸の調子も良い感じ。
お腹が気持ちよく空いて、お酒も一層おいしく飲めるのは素晴らしい!
それは日本より湿度が低いから、と説明されて、実感。中医学でも納得。
湿気も東洋医学でいう邪気の一つ。
日本のように湿度が高いと、お腹に溜まって胃腸の仕事を増やすので、
体の水分が滞りやすく(足がむくんでだるくなったり、暴飲暴食するとすぐお腹ピーピーしたり)、
蒸発、発散もしづらいのでお酒も抜けにくいという・・・
ハワイが日本くらい湿気ていたら、
今ほど好んで日本人はハワイに行かないかも


ちょこちょこお供させて頂くことで、中国パワーを充電しているわたし・・・
かつみ先生いつもありがとうございます!正和堂で還元だ!
最後になりましたが、絶妙な心遣いと笑顔とサバサバ感が美しい関西のmさま!
いつもお世話になり、ありがとうございます!

中国の青空って初めて見た!なんて・・・
*CommentList

きちんとした強い訴え

くさのね先生のところから、いただきました。

ホントに正確なことって、今や何だかわからないことになっちゃっていますが、
こういう本物の人の強い訴えは、きちんと受け取られて、反映されるべきだと思います。

こちらから見て下さい

cf.
a_kodama Akihiko Kodama
親父が厚労委員会に参考人として招致されました。
東大放射線セン​ター長として、毎週末南相馬に400km車を走らせて、
自身で除​染にあたったうえでの訴えです。どうか見てやってください。



見ておく、知っておくべきだと思って、ここに使わせていただきました。

10周年!!

みなさまに助けて頂きながら、
本当にしたいことをしまくって、本日6月11日で正和堂治療院は10周年を迎えさせていただきました!

110611_104852.jpg

先週の土曜日、いつもみえる私の着物の先生でもある禎子さんに、
『いやぁ、この治療院も来週で10周年なんですよぉ!!』
なんて言ってしまったので、禎子さんからこんなステキなホントにますます元気になるお花をいただきました!

昨日は、近所の二人姉弟と、おなかの中のころからウチに通ってくれている蒼空くんが来院。
かわいい元気をもらいました!^^

二人姉弟

治療開始直後の未だクタッとしている蒼空くん(終わったらものすごい元気に!!)

これからも、ますます元気にがんばらせていただきます!!

*CommentList

すばらしい○○体操

少し前になりますが、正和堂に新刊が入荷しました。

「本買ったの!一冊はあかねちゃんに、一冊はここ(正和堂)に、一冊は私にと思って・・・開けてみて!」と先生から包みを渡されました。

あれ、ちんねん先生の分は?と思いましたが・・・開けて納得。

「きれいをつくるおっぱい体操」

これは、まさしく・・・私のための本です。笑

読んでみると、
どうしておっぱい体操が女性の体に良いのか・
おっぱい体操の方法はもちろん、
伝統医学 アーユルヴェーダを取り入れた生活の過ごし方・
体のケア方法についても詳しく書いてあり、
とってもためになります。

正和堂にいて、下着の締め付けが体の不調に
とっても関わっているのを目の当たりにしますが、
おっぱいの血流を良くすることが、体にとってどんなに良いか。
友達にも教えたくなるような内容でした。

さてさて、体操を始めて一ヶ月。私の効果はというと・・・
おっぱいの大きさはさておき(笑)、触感と形が整ってきた気がします
また、やっても一日一回 さぼってばっかりでしたが、
この間肩や首のひどいこりや重さを感じることはほとんどありませんでした。
(上半身のストレッチは気づくと何となくやっていたからかな?)

正直まだまだ自分しか分からない程度の効果です。
でも、
自分を触る・自分を気にかける時間は、とっても癒しになるということ
それに気づいたのが一番の収穫でした。
顔や髪は触るのに・・・おっぱいはほとんど触ってなかった!
ごめんね、自分

ということで、おっぱい体操、まだまだ続けていきたいと思います!

一生読み返せる本ですから、気になったら一冊買うのをおすすめします。
パートナーと一緒に読んでも楽しそうです。

ちんねん先生もぜひ、読んでみてくださいね~
*CommentList

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。